新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

杉山哲雄 ピアノ&トーク・リサイタル2020
第1回〈ベートーヴェンとバッハ〉
杉山哲雄 ピアノ&トーク・リサイタル2020
日時 2020年5月10日(日)
14:00開演(13:30開場)
会場 ヤマハホール
チケット

【1回券】
全自由席
一般 4,000円
学生 3,000円
【3回通し券】
一般 10,000円
学生 7,000円
*3回通し券は新演のみにて受付
(03-6222-9513)

前売り:チケットぴあ
pia.jp/t
0570-02-9999
(Pコード177-850)

CNプレイガイド
www.cnplayguide.com
0570-08-9990

後援 公益社団法人日本演奏連盟/公益財団法人日本ピアノ教育連盟/横浜音楽文化協会
マネジメント・
お問合せ・
ご予約
新演 03-6222-9513
http://www.shin-en.jp
 


第1回〈ベートーヴェンとバッハ(1685~1750)〉
ベートーヴェンの作品の重要な鍵となる「主題労作」(一つ、あるいは複数の動機によって全曲を統一する技法)は、バッハの作品に多く見られる。平均律ピアノ曲集の前奏曲とフーガにも統一の技法が多く用いられ、12才で平均律を弾きこなしたベートーヴェンが影響を受けたことは当然考えられる。


杉山 哲雄
杉山 哲雄


三重県伊勢市出身。三重県立伊勢高等学校を経て、東京藝術大学器楽科に進む。同大学院修了、1974年クロイツァー賞受賞。1975年9月オーストリア政府給費留学生としてウィーンに留学。1979年ウィーン音楽大学卒業。1980年12月帰国後はリサイタルを中心に演奏活動を行う。オーケストラとの共演も、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー管弦楽団、伊勢フィルハーモニー管弦楽団等があり、室内楽やドイツリートの伴奏などにも意欲的に取り組んでいる。
1985年バッハ生誕300年記念リサイタルをはじめ、古典調律によるモーツァルトの夕べや、ベートーヴェンリサイタルを開催。ウィーン古典派の伝統を踏まえた解釈や、シューベルトやシューマンのロマン派の魅力を伝えるプログラムで好評を得ている。また、ショパンの作品における主題の統一やリズムの変容、及びフランス近代音楽の技法にも視点を広げ、指導にも取り入れている。近年はベートーヴェンの作品に焦点を絞り、チクルスとして展開しており、変奏曲やフーガを含む総合的な形式として完成されたベートーヴェンのソナタを中心に、時代様式を意識した演奏により好評を博している。また、モーツァルト・チクルスの構想も温めている。コンクールの審査員も数多く務め、後進の指導にも精力的に取り組んでいる。
横浜国立大学名誉教授。杉山ムジーク・アカデミー主宰。


鹿目 純子
鹿目 純子


東京藝術大学音楽学部器楽科を経て同大学院修了。在学中、第8回日本モーツァルト音楽コンクール第3位入賞。第1回モーツァルト音楽大賞選考会にて優秀賞、名古屋フィルハーモニー管弦楽団と共演。東京文化会館新進音楽家デビューコンサートに出演。大学院修了後、アムステルダム音楽院ポストグラデュエイトコースを卒業し、ホランドミュージックセッション主催によるリサイタル等、オランダ各地で演奏活動を行うほか古楽器の演奏も併せて学ぶ。これまでにピアノを杉山哲雄、谷 康子、田辺 緑、多 美智子、ヴィレム・ブロンズの各氏に師事。チェンバロを小島芳子、フォルテピアノをスタンリー・ホッホランドに師事。帰国後は千葉市を中心に後進の指導や、演奏活動、コンクール審査等を積極的に行う。
現在、市原中央高校音楽コース講師。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本ピアノ教育連盟会員。


演奏曲

杉山 哲雄 J.S.バッハ:
平均律ピアノ曲集I巻 ハ長調 BWV846、ニ短調 BWV851
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
L.v.ベートーヴェン:
ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2-1
創作主題(トルコ行進曲)による6つの変奏曲 ニ長調 作品76
ソナタ 第8番 ハ短調 作品13「悲愴」

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券(特に指定がない場合は25才以下)でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願い致します。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
演奏中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
オンラインチケット申込
マネジメントのご依頼・CDのお申し込み・お問合わせ
安川加壽子記念会