新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

古市善子ソプラノリサイタル
古市善子ソプラノリサイタル
日時 2018年5月20日(日)
14:30開演(14:00開場)
会場 HAKUJU HALL
チケット

全自由席 一般 ¥4,500

マネジメント 新演
 

古市善子
古市善子(ソプラノ)


国立音楽大学声楽科卒業。同大学院修了。
オーストリア国立ウィーン音楽・創造芸術大学リート・オラトリオ科、ウィーン市立音楽院オペラ科を最優秀ディプロムで修了。
オペラ科在学中に、O.ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」でオペラデビュー。ウィーン及びオーストリア各地の劇場で「確かな技術を持った魅力あふれるフルート夫人」と大好評を得る。その後、モーツァルト「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」、スメタナ「売られた花嫁」、ラヴェル「子供と呪文」、新作オペラへの出演を始め、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、メンデルスゾーン「エリヤ」など宗教曲のソロ、オペラ、歌曲コンサートなどにオーストリア、イタリアの各地で出演。「ニコ・ドスタル国際オペレッタコンクール」入賞。
オペレッタ、ヴィーナー・リートにも幅広いレパートリーを持つ。
日本デビューは《オペレッタサロン トナカイ(後にオペラサロン トナカイ)》オープニング「チャルダッシュの女王」。羽田健太郎指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団「青のワルツ」。その他、「魔笛」「カルメン」などのオペラ、オペレッタコンサート、宗教曲のソロ、在京・在外のオーケストラコンサート、室内楽コンサート、国内各地でのソロコンサート、NHK-FMへの出演などで活躍している。1994年にはウィーン楽友協会大ホールでの「第9」ソプラノソロ。ドイツ歌曲を中心としたリサイタルを96、98年(オペレッタ・ヴィーナーリートによる)、99年(文化庁助成演連コンサート)2003、07、09、10、11、13、14年と開催。
リリー・コラー、ヒュー・ベレスフォード、エリック・ヴェルバ、ヴァルデマール・クメント、フランカ・マッティウッチ、ライナー・ホフマン、佐々木成子の諸氏に師事。
小諸高校音楽科非常勤講師、(公社)日本演奏連盟会員。

山岸茂人
山岸茂人(ピアノ)


東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。同大学院(音楽学専攻)修了。在学中に安宅賞受賞。音楽学を船山隆、本田脩の両氏に、ピアノを高出紘子、川口恒子、渡辺健二の諸氏に師事。声楽の伴奏者として多くの著名な歌手と共演しており、森麻季氏との共演は日本全国で数百回、カーネギー・ホールやジョン・F.ケネディセンターのリサイタルでもピアノを担当。
CDでは、「あなたがそばにいたら」「四つの最後の歌(R.シュトラウス、リスト歌曲集)」「花は咲く(日本歌曲集)」(以上ソプラノ:森麻季)「ベッリーニ歌曲集」(監修:嶺貞子)等で伴奏を務める。
現在、二期会イタリア歌曲研究会ピアニスト。


演奏曲

ヘンデル 愛しい森よ オペラ《アタランタ》よりメレアグロのアリオーゾ
ブラームス 私たちはあちこち歩いた
ひばりの歌
動きのない生温かな大気
マーラー 私は緑の森を楽しく歩いた
ハンスとグレーテ
高き知性への賛美
山田耕筰 AIYANの歌
ⅠNOSAKI
Ⅱかきつばた
ⅢAIYANの歌
Ⅳ曼珠沙華
Ⅴ気まぐれ
トゥリーナ 歌形式の詩
Ⅰ捧げ物
Ⅱ決して忘れない
Ⅲ歌
Ⅳ二つの恐れ
Ⅴ恋に夢中
ドヴォルジャーク 空の高みのお月様 オペラ《ルサルカ》第1幕よりルサルカのアリア

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願いする場合がございます。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学(バレエ公演は3歳未満)のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
上演中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
チケット申込
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団