新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

石澤直子ピアノ講座シリーズⅡ~スクリャービンとショパン~
石澤直子ピアノ講座シリーズⅡ
日時 2018年5月18日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場 ムジカーザ
チケット

全自由席 一般 ¥3,500
学生(大学生以下) ¥2,000

マネジメント 新演
 

石澤直子
石澤直子


東京都出身。3歳よりピアノを始める。日本大学芸術学部音楽学科ピアノコース卒業。
読売新聞社主催 第68回読売新人演奏会出演。第8回“万里の頂上杯”国際音楽コンクール最優秀賞受賞。
第5回全日本芸術コンクールピアノ部門奨励賞受賞。第34回国際芸術連盟新人オーディション、第17回コンセール・ヴィヴィアンオーディション、全日本演奏家協会新人オーディション合格。第15回ANPベストプレイヤーズコンクール入選。
2001,02,04年、ウィーン国際音楽セミナーマスタークラス修了。
2004,09年、ロシア大使館にて「日露友好の会」コンサート出演。その他、東京芸術劇場、カザルスホール、オペラシティリサイタルホール、浜離宮朝日ホールなど、多数の演奏会に出演。
2016年よりスタートさせたコンサートシリーズ「石澤直子ピアノ講座シリーズ」では、独創的で多彩な企画を展開し好評を博した。
これまでに、坂本不二、長谷川民子、田代幸弘、永戸恭子、岩崎淑、また国際セミナーマスタークラスにおいて、ルドルフ・ケーラー、クラッシミラ・ジョルダン、アレキサンダー・ブラジンスキー、各氏に師事。
現在、ソロ・室内楽・伴奏など幅広く演奏活動を行う傍ら、後進の指導を行っている。
横井玲子氏とピアノデュオ「Duo Fiore」を結成し、クアッドリーガよりデビューCD「Duo Fiore」をリリース(2013年12月21日)。
日本・ロシア音楽家協会、日本アレンスキー協会、カロローザ、各会員。
ホームページ http://piano-ishizawa.com/

野原 泰子
野原 泰子


武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、同大学院修士課程、および東京芸術大学博士後期課程で音楽学を学ぶ。スクリャービンの《プロメテウス》(色と光を伴う管弦楽曲)、およびスクリャービンの後期の全ピアノ曲の研究で学位を取得(音楽学博士)。近年ではスクリャービン研究のほか、西欧のロマン派の作曲家たち(リスト、ベルリオーズ)とロシアの作曲家たち(グリンカ、バラキレフ、リムスキー=コルサコフら)との交流や創作面での繋がりに着目した研究を発表している。
現在、武蔵野音楽大学講師。

岩崎 淑

石澤直子さんはピアノ講座シリーズを開講され(2016年11月23日 第1回)、ショパンとリストのバラードに焦点をあて、解説と共に素晴らしいコンサートをされました。演奏家として単に演奏するのみではなく、その作品について作曲家を追求して、演奏と作品の意義を語るリサイタルは仲々ありません。石澤さんはこの方法で聴衆の目をくぎづけにして表現された珍しいリサイタルの例だと思います。確実にその作曲家と作品にせまり演奏に興味を注がれた事は、演奏家として稀有な出来事で、それを実行された石澤さんの見事な作曲家へのアプローチと演奏であると信じています。第2回とこれから続くリサイタルを興味深く見つめています。普段のやさしい石澤さんからは想像出来ない強い意志と実行力をみて、とても頼もしく感じました。

百瀬 喬

石澤直子さんのピアノからは、作品とそれを書いた作曲家たちへの思いの強さと深さが伝わってくる。おそらくピアノに向かって練習するだけでは飽き足らずに、作曲家についても深く思いを巡らしているのであろう。
それが昨年11月から始まった「石澤直子 ピアノ講座シリーズ」へと結びついたのだろうが、今回のテーマは「スクリャービンとショパン」。
スクリャービンの研究で博士号を取得した野原泰子さんをゲストに招いてのトーク・コンサート。楽しみにしています。

田代 幸弘

この度のリサイタルの開催心よりお祝い申し上げます。石澤さんとは、受験、大学4年間ピアノの指導を通じてのお付き合いです。元来、線は細いですが、豊かな音楽性を持ち合わせており、卒業時のスクリャービンの幻想曲は見事な演奏で心に残っております。卒業後はソロにとどまらず、伴奏、ピアノデュオ等幅広く活躍されています。近年ではピアノ講座シリーズを立ち上げピアノの素晴らしさを広く伝えております。今後は音楽の「陰」の部分の表現を体得し、表現して欲しいと期待しております。

永戸 恭子

石澤さんとは大学でのレッスンがきっかけで卒業後の様々な活動を見守り、応援して参りました。音楽に対する強い情熱と向上心を持ち、熱心な勉強態度には驚かされる事が多くありました。卒業から年を経て、研鑽の成果と共に、様々な人生の体験によって演奏にも深みと味わいが増して来たと感じています。多くの方達との出会いや関わりを大切にする姿勢と音楽を深く追求する姿勢とが今回の企画にも繋がったと思います。今後の増々の活躍が期待されます。


演奏曲

A.スクリャービン 12のエチュード 作品8
第11番 変ロ短調
第12番 嬰ニ短調「悲愴」
8つのエチュード 作品42
第5番 嬰ハ短調
2つの詩曲 作品32-1
F.ショパン 12のエチュード 作品25
第7番 嬰ハ短調
12のエチュード 作品10
第12番 ハ短調「革命」
12のエチュード 作品25
第12番 ハ短調
山田耕筰 スクリャービンに捧ぐる曲より「夜の詩曲」

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願いする場合がございます。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学(バレエ公演は3歳未満)のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
上演中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
チケット申込
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団