新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

柳田 茄那子 ヴァイオリン・リサイタル 〜帰国記念〜
五十嵐 稔 ピアノリサイタル
日時 2017年4月27日(木)
19:00時開演(18:30開場)
会場 王子ホール
チケット

全席自由4,000円

      前売り:予定枚数を終了いたしました。
      当日券の販売はございません。
 協 賛 : みずほ銀行  Mercedes-Benz
 後 援 : (公社)日本演奏連盟  
       東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校響親会
マネジメント 新演
 

柳田 茄那子
坪田 昭三


1990年生まれ。2歳2ヶ月より才能教育スズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。11歳で第55回全日本学生音楽コンクール小学生の部東京大会第1位、その後東京芸術劇場「名曲の旅シリーズ」、サントリーホール「第2回こども定期演奏会」にて東京交響楽団と共演し好評を得る。2004年、第58回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第2位。2003年、英国湖水地方音楽祭に参加、2008年、2009年ロンドンマスタークラスにてジョルジュ・パウク氏のクラスを受講。2008年、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の代表に選出され、第4回国立音楽大学附属音楽高等学校による招待演奏会にて演奏。2009年、第78回日本音楽コンクールヴァイオリン部門入選。新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。東京藝術大学1年在学中、福島育英会より成績優秀者として2010年度「福島賞」を授与。
2010年9月、英国王立音楽院音楽学部にスカラシップを得て留学。在籍中にJ.Water House Award,DM Lloyd Award,Isable May Walton Award,Hope&Pryor Award,Belemore Woodgate Award などの賞を授与。室内楽にも意欲的に取り組み、特に同級生で結成されてEagle Trio として活動し数々の学内コンサートに起用された。また、イギリス作曲家 Michal Berkley 氏の String Trio を演奏するなど現代音楽にも積極的に取り組む。
2012年、Canary WarfのClifford Chanceにてヴァイオリンリサイタルを行う。その他、在英中 Senate House University of London, St Barnabas Church Earling, St Perivale Church,St.Peters Church、Cambridge Master's Lodge 等で度々コンサートを行う。
2013年、ソリストとしてロイヤルアカデミーオーケストラと共演。また学内マスター・クラスでは、マキシム・ヴェンゲーロフ、ニン・フェンの各氏に指導を受ける他、国際コンクールにも参加しノミネートされる。2015年には、 Cambridge International String Academyにも参加し、ロドニー・フレンド、堀米ゆず子の各氏を含む著名な演奏家から指導を受ける。2014年、英国王立音楽院音楽学部を 1st Class で卒業。その後同大学院に進学し、2016年 Distinction(最優秀)で卒業、RAM Dioloma を教授。
過去、東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、2009年に東京藝術大学音楽学部に入学。2010年渡英し、英国王立音楽院音楽学部、同大学部を経て現在に至る。これまでに、小川有紀子、山崎貴子、ジュラール・プーレ、オレグ・クリサ、澤和樹、ジョルジュ・パウクの各氏に師事。室内楽をジョー・コール、マイケル・デュセクの各氏に師事する他、オーストラリアでは、マリン・アルソップ、クリスティアン・ティーレマン、セミョン・ビチュコフ、サー・マークエルダーなどの著名な指揮者のもとで研鑽を積む。

居福 健太郎
友田 啓明


東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を経て同大学院修士課程終了。大学院終了ピアノ演奏優秀者による安川記念ジョイントリサイタル(浜離宮朝日ホール)に選出される。第4回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第2位、及び特別審査員賞受賞、第5回東京音楽コンクール第3位をはじめ、多くのコンクールで入賞を果たしている。これまでに日本フィル、セントラル愛知交響楽団、仙台フィルをはじめ数多くのオーケストラとの共演。2014年、都民芸術フィスティバルオーケストラルシリーズにてソリストとして飯守泰次郎指揮、東京公共楽団と共演。国内各地で充実した演奏活動を展開している。室内楽奏者としてユルンヤーコプ・ティム(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席奏者)、五鳩龍、戸田弥生、山崎伸子、松山冴花との共演や、小管優とのピアノデュオをはじめ、多くの奏者から強い信頼を得ている。また歌曲伴奏にもせ曲的に取り組んでおり、第17回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール優秀共演者受賞。更新の指導にも力をいれており、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校非常勤講師を経て 、現在東芸術大学非常勤講師。

演奏曲

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 第8番 ト長調 作品30-3
シューベルト ファンタジー ハ長調 D934
ショーソン 詩曲 作品25
ルトスワフスキ パルティータ
パガニーニ ラ・カンパネラ(ヴァイオリン協奏曲 第2番より)
こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願いする場合がございます。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学(バレエ公演は3歳未満)のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
上演中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
谷桃子バレエ団
安川加壽子記念会
チケット申込